スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の定量的調査の報告

こんにちは!56期鳥類班班長のルリコンゴウです。
今回は、2月5日に行った定量的調査について書きます。
鳥類班の1年生4名(ポエトロテリア、風見鶏、チカディー、Nさん)、2年生2名(スピリタス、ルリコンゴウ)の参加でした。
定量的調査だヨ!全員集合!!といったところでしょうか??

定量的調査とは、引地川にて見られる鳥類の種数と個体数を数える調査です。ラインセンサス法を用い、前から来た鳥や見られた鳥を数える調査です。この調査は野鳥の同定(何の種か判断すること)と、その種の個体数の集計を同時に行わなければならないため、大変な上に時間がかかります。しかし、大変であるからこそ、やりがいのある調査となります。
代が変わって、ルリコンゴウ企画の定量的調査としては2回目となり、少しずつ慣れてきたところですが、1月の定量的調査に続き、生憎の雨が降りそうな天気・・・。
どんな鳥が見られるかというわくわくと、どうか雨、降らないでくれという不安な感情が錯綜している中、定量的調査、スタート!!
(恐れ入りますが、今回は写真がございません。)


さあ始まった定量的調査、雨が今にでも降りそうですが、曇りの日は晴れの日より鳥が出てくるという説もあり、その通りでした。
多くの鳥を見ることができました!それもスズメ大の小さな鳥を・・・(白目)
特に、スズメが木に留まり、スズメのなる木のようになった木を凝視し、スズメを探すのは大変でした。

まだ楽だったのはカワラヒワですかね・・・電線に一列で留まっていたため、数えるのは楽でしたが、意外にも「カワラヒワだ」と同定するのが難しかったです。
カワラヒワは羽の黄色い部分など、他の種と簡単に比べられるほど特徴的で、順光であれば簡単に同定できるのに、逆光かつ曇りのため、カワラヒワが真っ黒に見え、数分みんなで考えました・・・(汗)。

こうして、スズメ、カワラヒワやムクドリの種同定・個体数数えに疲れつつ、歩いていると、カワセミを発見しました!


やがて引地川親水公園に入り、すぐに出迎えてくれたのは、ゴイサギの幼鳥、通称ホシゴイでした!
なんといっても羽の色が美しい!!!
その後、ハクセキレイのような声が聞こえ、川を見たら、ハクセキレイと思しき鳥が飛んでいました。
しかし、よく見ると、ハクセキレイではありませんでした!
その鳥は、セグロセキレイです!
主に頭の色と、声がハクセキレイと異なります。セグロセキレイの鳴き声は、ハクセキレイの鳴き声を若干濁らせたような声です。そして、頭の色は、白と黒をハクセキレイと逆転させたような色です。ハクセキレイに見慣れている私としては、初めて見たときは感動しました。今回も見ることができ、テンションが上がりました。

とうとう、定量的調査が終わる前に、雨が降ってきてしまいました。
雨でテンションと体温が下がっていく中、暗雲に光が差し込むかの様に、私たちのテンションを上げるような出来事がありました。
私は初めて、引地川でシメとアトリを見ました。しかしこれらの鳥は草むらの奥にいて、観察するのが非常に難しかったです。
片手で双眼鏡を操作することはできないので、結局傘を閉じ、雨に濡れたため、テンションは上がっても、体温は下がっていくばかりでした。(←ここ重要)


このようにして、個体数が多いスズメ、カワラヒワやムクドリに翻弄されながらも、珍しい種が見れたため、今回も非常にやりがいがある調査となりました。

最後に調査結果を載せます。
25種25亜種+1種1亜種
1.カルガモ 2.コガモ 3.キジバト 4.ゴイサギ 5.バン 6.オオバン 7.イソシギ 8.ユリカモメ 9.トビ 10.カワセミ 11.モズ 12.ハシボソガラス 13.ハシブトガラス 14.シジュウカラ 15.ヒヨドリ 16.ムクドリ 17.ツグミ 18.スズメ 19.キセキレイ 20.ハクセキレイ 21.セグロセキレイ 22.アトリ 23.カワラヒワ 24.シメ 25.アオジ
その他:1.ドバト
スポンサーサイト

2016年 舞岡公園探鳥会 アオゲラ現る!!!

皆さんこんにちは。
明けましておめでとうございます!
今年も、天翔ける月より来たれし鳥類班をよろしくお願いいたします!

・・・と、普通に挨拶させていただきました。
ご挨拶が遅れました、すーに代わり、班長になりました、ルリコンゴウです!
これからは、私たち56期と57期の者がブログを更新していきます。
今後とも、よろしくお願いいたします!

今回は、12月23日に行った舞岡公園での探鳥会について報告します。
この探鳥会は3年生2名(モッキ先輩、C先輩)、2年生1名(ルリコンゴウ)と、1年生2名(風見鶏、ポエトロテリア)の計5名で行いました。

大学から電車で約20分の舞岡駅で集合して、ちょっと歩いただけなのに、ハシボソガラスや、スズメの大群が「スズメのなる木」の如く木にとまるのを見て、「今日はいろんな鳥が見られるだろうな」と意気揚々と舞岡公園に進んでいく私たちでした。

舞岡公園に入ったら・・・すぐに出迎えてくれたのは、ヤマガラでした!(ヤマガラが素早かったので、カメラでは撮れず・・・)

少し歩くと、モズが電線に止まっているではありませんか!
私たちが普段大学周辺で調査するとき、よく引地川でモズを見ます。
でも、遠いところにいることが多くて・・・これだけ近くで見られるのも珍しいかと思います。

IMG_8994.jpg
(モズ Lanius bucephalus  ルリコンゴウ 撮影)


モズを発見した場所の近くには、スズメもいました。

IMG_8962.jpg
(スズメ Passer montanus ルリコンゴウ 撮影)


そして、田んぼに目を向けると、シメを発見しました。こぼれた米を食べに来たのでしょうか??
IMG_9083.jpg
(シメ Coccothraustes coccothraustes ルリコンゴウ 撮影)

シメを発見してからはあまり鳴き声が聞こえなくなったので、池に向かいました。

tori活動
(活動写真1 ルリコンゴウ 撮影)
左は風見鶏、右はポエトロテリア

池から戻り、歩いていると、モッキ先輩とC先輩に遭遇!!
ここから一緒に鳥を探しました!

tori活動2
(活動写真2 ルリコンゴウ 撮影)
奥はモッキ先輩、左からポエトロテリア、風見鶏、C先輩

合流して、少し歩くとバーダーが固まってスコープやカメラを向けている!
「なんだ!?なんだ!?」と双眼鏡を向けると、アオゲラがいるではありませんか!!
アオゲラは、私は今までに片手で数えるしか見ていなかったので、また見れて感動です!!
日本固有種です。コゲラより大きな体をしていますね!

IMG_9094.jpg
(アオゲラ Picus awokera ルリコンゴウ 撮影)

今回の探鳥会で発見した種の数は、他の探鳥会よりも比較的少なめではありますが、アオゲラやシメを見ることができたので満足です。

最後に観察種を載せます。
22種22亜種+3種3亜種
*は鳴き声のみ
1.マガモ 2.カルガモ 3.コガモ 4.キジバト 5.ゴイサギ 6.トビ 7.ハイタカ 8.カワセミ* 9.コゲラ* 10.アオゲラ 11.モズ 12.ハシボソガラス 13.ハシブトガラス 14.ヤマガラ 15.ヒヨドリ 16.メジロ 17.ムクドリ 18.ツグミ* 19.スズメ 20.ハクセキレイ 21.シメ 22.アオジ

その他:1.コジュケイ* 2.ドバト 3.ガビチョウ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

これで最後だ、探鳥会

こんにちは。第55期、鳥類班班長のすーです。
今年も残すところ、2週間ですね。この時期、3年生は引退します。
もう少し、色々な場所に行きたかったなぁ・・・
というわけで、今回は早戸川林道での探鳥会を報告します。

私たちは12月11日に早戸川林道に行きました。
今回は3年生2名(すー、ケセランパサラン)と、2年生1名(ルリコンゴウ)、1年生3名(チカディー、風見鳥、ポエトロテリア)の計6名で行いました。
実は11月にも、早戸川林道で探鳥会を行ないましたが、なかなかいい成果ではありませんでした。なので、今回はそのリベンジです。

さて、本厚木駅からバスで1時間、早戸川林道に着きました。探鳥開始です。
・・・ん? なかなか鳥が見当たらない・・・。
ん? 鳴き声さえ聞こえないぞ? これは前回の二の舞かな?
と思いきや、ヒタキ科発見! ジョウビタキのオスだ!
残念ながら、写真はありません。遠かったんです・・・
でも、鳥類班のみんなのモチベーションが少し上がった気がします。

IMG_0027.jpg
(活動写真 すー 撮影)
左から、風見鶏、ポエトロテリア、チカディー、ケセランパサラン、ルリコンゴウ

この調子で次も行きましょう!

歩いていくと、水辺に到着。
そこに猛禽類が! ミサゴです!
これも遠くて写真は撮れてません。ごめんなさい。
さてさて、次々!!

しばらく歩くとホオジロ発見!

IMG_0042.jpg
(ホオジロ Emberiza cioides すー 撮影)

これは立派なホオジロではないか!
ホオジロって、よくカシラダカと混ざるんですよね・・・
でもこれはホオジロって分かりましたね!

ここではルリビタキにも会いました。

IMG_0065.jpg
(ルリビタキ Tarsiger cyanurus すー 撮影)

おそらくオスもいたらしいのですが、私は見ることができませんでした。
私は早戸川林道でルリビタキのオスに会うことは叶いませんでした・・・
ここから少し進むとカメラを持った人たちが何かを撮影していました。
なんだろう? と近づいていくと、いましたよ! ベニマシコです!

IMG_0106.jpg
(ベニマシコ Uragus sibiricus すー 撮影)

ああ、冬だ・・・
まあ、12月なので当たり前なんですけどね。
今回は他に珍しい鳥は見られませんでした。
いや、キクイタダキがいたらしいんですが・・・、見れなくて泣きたいです。
また機会があれば、キクイタダキも狙いに行きたいです!

今回はここで報告を終えます。
最後に観察種を載せます。
29種29亜種+1種1亜種
*は鳴き声のみ
1.マガモ 2.ホシハジロ 3.カイツブリ 4.カワウ 5.アオサギ 6.オオバン 7.イソシギ 8.ミサゴ 9.トビ 10.カワセミ 11.コゲラ 12.ハシブトガラス 13.キクイタダキ 14.ヤマガラ 15.ヒガラ 16.シジュウカラ 17.ヒヨドリ 18.エナガ 19.メジロ 20.カワガラス 21.シロハラ 22.ツグミ 23.ルリビタキ 24.ジョウビタキ 25.キセキレイ 26.セグロセキレイ 27.カワラヒワ 28.ベニマシコ 29.アオジ*
その他:1.ガビチョウ

次回の更新は56期、57期の後輩たちが行います。
1年間、お付き合いいただき誠にありがとうございました。
しばらく探鳥に行けませんが、また時間があれば、北は北海道、南は沖縄まで出かけたいと思います。
今後共、動植物研究会及び、鳥類班をよろしくお願いいたします。

最後まで、読んでいただき誠にありがとうございました。

日本大学 生物資源科学部
動植物研究会 第55期 鳥類班班長 すー

ディズニー横目に、カモ類フィーバー

こんにちは。第55期、鳥類班班長のすーです。
最近、寒い日が続きますね。北日本ではもう積雪を観測してます。
インフルエンザやノロウイルスなどには十分に注意してくださいね。
さて、今回は葛西臨海公園と東京都海浜公園での探鳥会を報告します。

私たちは11月6日に葛西臨海公園と海浜公園に行きました。
今回は3年生2名(すー、ケセランパサラン)と、1年生1名(チカディー)の計3名で行いました。
葛西では、カモ類と冬鳥を狙います。他のバーダーさん(鳥見をしている人のこと)の情報によると、ミヤコドリやアリスイの情報が寄せられています。これは探しがいがあります。
とりあえず、今回は葛西臨海公園から探鳥開始です。
ここには多くの観察舎があり、水鳥を中心に多数の鳥類を見ることができます。
ここで、まずはじめの観察舎では、可愛いけど、意外と騒々しいこいつを沢山見ました。

IMG_9109.jpg
(オナガ Cyanopica cyanus すー 撮影)

オナガはカラスの仲間ですね。
大学周辺の調査でも時々見かけます、が、毎回ではありません。
私の中では少し感動する鳥なんです。
カラスって黒ってイメージがあるので、やはり、オナガがカラスって違和感ですね。

さて次に向かいましょう。
次の観察舎からは、多くのカモ類が群がっているところ。
うぅ、これは同定が大変そうだ。
ここには、ホシハジロ、カルガモ、ハシビロガモなどがいました。

IMG_9160.jpg
(風景 すー 撮影)

ここから少し雰囲気が変わって、道路の左右に木が茂っているような道を歩きました。
そこに出てきたのはこいつ!

IMG_9206.jpg
(キジバト Streptopelia orientalis すー 撮影)

あまりにも近くて、いたことに気づきませんでした。
この道沿いにも、観察舎があり、そこからは水辺が見えます。
そこにいました。ん? というような格好で。

IMG_9209.jpg
(コサギ Egretta garzetta すー 撮影)

双眼鏡で見る前、なんだあれ? となりました。
その後に顔を上げてくれたので、「あ! コサギか!」となりました。

ここで12:00になりました。
公園内のベンチで昼食をとりました。このあとは海浜公園に行きました。
海浜公園は東なぎさ都西なぎさに分かれます。私たちが行けるのは西なぎさです。
西なぎさの浜では多くの人が、BBQなどで楽しんでいました。
あぁ、肉の焼けるいい匂い‥
そんなことを言いながら、浜辺を歩いていると、子供達が群がっていました。
なんだろうと、覗いてみると、死体が!

IMG_9278.jpg
(死体 すー 撮影)

何の鳥ですかね?
色合い的に、キンクロハジロのメスですかね?
嘴も、なんとなく、似ている気がします。

そんな死体を通り過ぎ、もう少し浜を歩いてみましょう。
そこにいたのは、ダイサギです。

IMG_9320.jpg
(ダイサギ Ardea alba すー 撮影)

このダイサギ、警戒心が弱いのか、近づいても逃げませんでした。
ちなみに、この写真はノートリミングです!
あまりにも、近くて、私たちも驚きました。

DSC_0791.jpg
(風景 すー 撮影)
左から、チカディー、ケセランパサラン

この写真からだと、わかりにくいんですが、実はこの後ろにはディズニーリゾートが見えてます。
ダイサギをバックに撮影もいいですね!

そして、見つけました!
こいつらを!!

IMG_9362.jpg
(ハジロカイツブリ Podiceps nigricollis すー 撮影)

IMG_93971.jpg
(カンムリカイツブリ Podiceps cristatus すー 撮影)

この子たちを見ると冬を感じますね!
でもカンムリカイツブリを見ると、「あぁ、夏羽がみたいな」ってふと思ってしまいます。

そんなこんなで、この日の探鳥会は終わります。
ミヤコドリやアリスイは見れませんでしたが、私としては満足です。
最後に観察種を載せます。
29種29亜種+1種1亜種
*は鳴き声のみ
1.カルガモ 2.ハシビロガモ 3.コガモ 4.カイツブリ 5.カンムリカイツブリ 6.ハジロカイツブリ 7.キジバト 8.カワウ 9.アオサギ 10.ダイサギ 11.コサギ 12.オオバン 13.ウミネコ 14.トビ 15.オオタカ 16.カワセミ 17.コゲラ 18.モズ 19.オナガ 20.ハシブトガラス 21.シジュウカラ 22.ヒヨドリ 23.メジロ 24.ジョウビタキ 25.イソヒヨドリ 26.スズメ 27.ハクセキレイ 28.カワラヒワ* 29.アオジ*
その他:1.ドバト

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

秋の空、猛禽たちが、飛び回る

こんにちは。第55期、鳥類班班長のすーです。

前回のブログについてですが、更新が停滞してしまいました。
この場を借りて、皆様にお詫び申し上げます。

さて、季節も秋一色になりました。肌寒い日が続くようになりましたね。
この時期は風邪が流行り始めます。風邪をひかないように気をつけてください。
今回は伊良湖にて行った遠征を報告します。

私たちは10月8日から10日にかけて、愛知県渥美半島にある伊良湖岬に行きました。
今回の遠征はOBの方1名(S先輩)、3年生2名(すー、ケセランパサラン)と、1年生2名(風見鶏、ポエキロテリア)の計5名で行いました。
今回はもちろん猛禽類の渡りを狙いました。ですが、生憎の天気で、「あぁ、期待できないかな」と行く前から、気分は下がり気味…
どうなることやら。

8日(初日)
この日は、湘南台からレンタカーで愛知県の渥美半島にある宿へ向かいました。
東名高速道路を使い、5時間程…、ようやく到着です。
着いた時、あたりは真っ暗…
宿に着いて、ご飯を食べて、翌日の作戦会議。
晴れることを願って、この日はすぐに就寝しました。

9日(2日目)
願い虚しく、この日は雨でした。
予報では午後から晴れるということで、午前中は朝5時に宿を出発し、周囲の探鳥地に向かってドライブです。
時は流れ、午後です。
午後には汐川干潟や豊橋公園に行きました。
汐川干潟は渥美半島にある大きな干潟です。
雨が降ったり、止んだりと雨に振り回されましたが、ここでは何かが足りないコチドリがいました。

シロチドリ
(シロチドリ Charadrius alexandrinus すー 撮影)

むむっ!
なんだ、何かが足りない。
こ、これは、コチドリではない! シロチドリだ!
やはりチドリ、なかなか小さいですね!
ここでは他にもヒドリガモやヒメアマツバメなどを見ることができました。
というわけで、雨がひどいので次へ向かいましょう!

次は豊橋公園に行きました。
ここには、公園があるのですが、そこには面白いオブジェがありました。

DSC_0620.jpg
(ゴン太 gorira combination すー 撮影)

何と言ったらいいのやら、このゴリラ。ゴン太くんというらしいです。
すみません。遊んで勝手に学名をつけてしまいました。
その後に出てきた、めんどくさいやつ。おそらくエゾビタキです。
写真がないのはご愛嬌ということで。
後で宿に帰り、同定会を開いて、同定しました。
ここでは他にも、ヤマガラやアオジやエナガなどの小鳥を多く見ました。

この日はこれで就寝です。
翌日は午前中に探索をして、帰宅します。
猛禽類の渡りを狙って来た、この遠征。実はまだトビくらいしか猛禽類を見ていないんです。
このままでは帰れない! 明日の伊良湖岬に期待して寝ます。

10日(3日目)
この日は晴れました。
念願の晴れです。それに風も適度に吹いているので、猛禽たちもうまく風に乗れそうです。
これは期待大!!
というわけで、朝の6:00に宿をテックアウトし、伊良湖岬へ車を走らせます。
そこには、多くのバーダーさん(鳥見をする人)がいました。
この日は夏鳥のハチクマやサシバの他にも、冬鳥のノスリまで見ることができました。

1476613212939.jpg
(ノスリ Buteo buteo ポエキロテリア 撮影)

おお! 見事な腹巻!
夏鳥と冬鳥のコラボレーションが見られるのはこの季節ならではですね!
他にもオオタカやトビを見ることができました。

1476613207953.jpg
(左・トビ Milvus migrans、右・ハヤブサ Falco peregrinus ポエキロテリア 撮影)

やはりトビと並ぶと、ハヤブサは小さいですね。
あ、トビが大きいのかな?
なかなか距離が遠かったのですが、見れて私は満足です。
猛禽に疲れたとき、近くの林道に行くことにしました。
実はここでケセランパサランによるアリスイの目撃情報があったのです。
それを聞いた私たちはアリスイを目撃した場所へ向かいました。
残念ながら、アリスイを見ることはできませんでした。

1476669743655_2016103001203175c.jpg
(アリスイ Jynx torquilla ケセランパサラン 撮影)

んんー、本当に残念です。
次こそはアリスイも狙います! (私たち3年に次はあるのか…?
ここでは他にもノビタキを見ることができました。

1476669741850.jpg
(ノビタキ Saxicola torquatus ケセランパサラン 撮影)

というわけで、この辺で遠征は終了しました。
最後に観察種を載せます。
*は鳴き声のみ
43種43亜種+2種2亜種
1.ヒドリガモ 2.カルガモ 3.キジバト 4.ハイイロミズナギドリ 5.カワウ 6.アオサギ 7.チュウダイサギ 8.チュウサギ 9.コサギ 10.ヒメアマツバメ 11.ケリ 12.ムナグロ 13.ムクドリ 14.シロチドリ 15.キアシシギ 16.イソシギ 17.ウミネコ 18.オオセグロガモメ 19.ハチクマ 20.トビ 21.サシバ 22.ノスリ 23.アリスイ 24.コゲラ 25.ハヤブサ 26.モズ 27.ハシボソガラス 28.ハシブトガラス 29.ヤマガラ 30.シジュウカラ 31.ツバメ 32.ヒヨドリ 33.エナガ 34.メジロ 35.ノビタキ 36.イソヒヨドリ 37.エゾビタキ 38.スズメ 39.キセキレイ 40.ハクセキレイ 41.ホオジロ 42.カシラダカ 43.アオジ
その他:1.コジュケイ* 2.ドバト

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。
次回は11月に実施予定の探鳥会について報告します。
プロフィール

鳥類班

Author:鳥類班
大学周辺だけでなく様々な場所で鳥を見たり記録したりしています。ほんわかした雰囲気で活動しています。時には真剣になったり、調査データと睨めっこして考察したりします。
フィールドは日本全国!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。