FC2ブログ

立山:まとめ

こんばんわ,ヤタベです。立山まとめです。



辟。鬘契convert_20121107233732

27種27亜種ってとこですか?
感想としては思ったより少なかったですね。
対馬下見と対馬本合宿の間に予定をぶち込んでみましたがまあまあでしたね。
小熊山は広葉樹が多く環境的にはよろしかったので,あとは時期が合えばよかったんですかね。
オオアカゲラの求愛行動が佐渡と比べると激しくなくて残念でした。
ホシガラスは鳴き声が聞こえたと,なんちゃって哺乳班の院生が言っていました。
とりあえずイワヒバリが見れて良かったです。

自分は帰った後,そのまま18切符で東京から博多で対馬ですね。あれはあれで楽しかった。

西表の爆発の思い出が強すぎて
…最近刺激が足らんね。

次はどこに行きましょうか…
①鳥海山
②舳倉島
③小笠原
④奄美
⑤本島
⑥北海道

お楽しみに
スポンサーサイト



8月13日

おはようございます!

今更ですが立山の続きを…

この日は6時前後に起床でした。

聞きなれない囀りが聞こえたので、辺りをうろついていたら…

声の正体はカワラヒワChloris sinica minor
でした。
アトリ系の弱弱しい鳴き声ではなく、なんだかうるさい印象でした。


可愛い後輩がテントからのそのそ現れたので早速山へ

P8135997_convert_20121017074109.jpg
<小熊沢線>

カラ類の混群に遭遇したりと朝からにぎやかでした。
オオアカゲラDendrocopos leucotos stejnegeri
の求愛行動を観察でき、楽しかったです。
佐渡で見た時のほうが求愛が激しかったですね。

頑張れオス

P8135993_convert_20121017074017.jpg
ニホンアマガエルHyla japonica
「おはようございます☆」

可愛いですね!

樹木のくぼみで発見しました。

鳥類班は何でも写真を撮ります。


途中で森の中にズカズカ入り込んで待ち伏せで鳥類を観察しました。
色々出てきましたが、やっぱりゴジュウカラSitta europaea amurensis
が見れてうれしかったです。

え、
普通に見れるって?
一つ一つの☆出会いを鳥類班は大切にします。


9時頃には鳥見を終了しました。

帰りは遅延のせいで大幅に遅れました。



私は14日から1日半かけて博多に行くのに…。
と思いながら、、

ブログでは活動の激しさは伝えきれていませんが
とりあえず今回も平和に遠征が終了しました。

種のまとめは後日。

tag : ニホンアマガエル

遠征立山8月11~13日

研究室のパソコンからおはようございます。
鳥類目録が改変されたらしいですね。
報告書作成に困っている今日この頃の私に追い打ちですね。
早く拝見したいです。

そういえば立山に行きました。目録は後日載せます。
ライチョウLagopus muta目当てです。
繁殖期のほうが見やすいというのは重々承知していましたが、とりあえず立山に行きたかったのです。留鳥ということで行けば見れると思い下調べも程々に立山に挑みました。
前半戦は室堂、みくりが池周辺を散策。
P8125904_convert_20120910111712.jpg
いや~雪が残ってますね
登山好きな私にとって実にすばらしい景色っ
P8125913_convert_20120910111738.jpg
…しかし。

肝心のライチョウが現れない…。氷期遺棄種と呼ばれるだけあって難易度が高いのだろうか。
単なる時期が遅かっただけだと思うけど。

ちなみに朝3時半起き。後輩にとって貴重な体験になったでしょう。
ライチョウを見れればもっと…

カヤクグリPrunella rubidaは何回かお見えになりましたね…

班長は少々焦りました。
ロープウェーの時間が迫ってきました。
意を決して一ノ越へ。

一緒に同行したOBの先輩がすれ違った登山者にライチョウについて聞いたところ上のほうにいたらしく、その後は走って登りました。
イワヒバリPrunella collaris
P8125949+(2)_convert_20120910122222.jpg
P8125962_convert_20120910113329.jpg
[広告] VPS

ライチョウではないです。
しかし、高山で鳥が生きていけるんだなあと改めて感動しました。

…北海道なら林道行けばエゾのやつが普通に見れたのになんだかね。


次は鳥海山に行きたいです。登山と鳥見を兼ねて。
独りですかね。

tag : イワヒバリ

プロフィール

鳥類班

Author:鳥類班
大学周辺だけでなく様々な場所で鳥を見たり記録したりしています。ほんわかした雰囲気で活動しています。時には真剣になったり、調査データと睨めっこして考察したりします。
フィールドは日本全国!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
アクセス