FC2ブログ

エリカの冒険@北アメリカ まとめ

本日は雪という事で、夕べ一人でテンションあがりまくりでした。試験終わったらどこ鳥みに行こうかな~って。
朝は早めに出て、雪が降るのを見ながら、どんな鳥が見れるかな(ワクワク
電車で寝ていたら、ふと途中で目が覚める→雪が無い……
いや、そんなことはないはずだ!!見なかったことにしてまた寝ることに
ついて、外を見ると雨……ショボーン(´・ω・`)
テンション下がりまくりです。
まぁ、それでも試験後、雨の中で鳥見てましたけどねww

Day11:9月17日
レンタカー返すことや空港でのめんどくさいチェックなど。午前中の便で出ても日本に着くのは夕方(というか夜)。帰りはなんだか損した気分ですよね。
飛行機で映画見たり、ぼーっとしたり。飛行機では全部ねる時と全くねむれない時の二つがあります。今回はねむれない方で。

さーて、今回の総合リスト。少々長くなりますが
まぁ、初見ばかりですね。同じに見えるのに調べてみると亜種でなく種レベルで違ったりとか。なかなか面白いですね、ややこしかったりもしますが…
むしろこんなに離れている場所なのに全く同じ種がいることに逆に驚きでした。
また、全体的にカモ類って亜種が少なく、世界中同じ種のものが多いですよね。それがなぜかが少々気になります。

鳥類結果:
71種73亜種(初見58種67亜種)
1.Ring-necked pheasant コウライキジ
2.Greater white-fronted goose マガン
3.Canada goose オオカナダガン
4.Gadwall オカヨシガモ
5.American wigeon アメリカヒドリ
6.Mallard マガモ
7.Blue-winged teal ミカヅキシマアジ
8.Cinnamon teal アカシマアジ
9.Northern shoveler ハシビロガモ
10.Northern pintail オナガガモ
11.Green-winged teal アメリカコガモ
12.Lesser scaup コスズガモ
13.Harlequin duck シノリガモ
14.Pied-billed grebe オビハシカイツブリ
15.Western grebe クビナガカイツブリ
16.White-faced ibis カオジロブロンズトキ
17.Black-crowned night-heron ゴイサギ
18.Western Cattle egret アマサギ
19.Great blue heron オオアオサギ
20.Great egret ダイサギ
21.Snowy egret ユキコサギ
22.American white pelican シロペリカン
23.Brown pelican カッショクペリカン
24.Pelagic cormorant ヒメウ
25.Double-crested cormorant ミミヒメウ
26.Turkey vulture ヒメコンドル
27.Western Osprey ミサゴ
28.Northern harrier ハイイロチュウヒ
29.Northern goshawk オオタカ
30.Red-tailed hawk アカオノスリ(Borealis)
31.American kestrel アメリカチョウゲンボウ
32.Virginia rail コオニクイナ
33.Sora カオグロクイナ
34.American coot アメリカオオバン
35.Sandhill crane カナダヅル
36.Black oystercatcher クロミヤコドリ
37.Black-necked stilt クロエリセイタカシギ
38.Short-billed dowitcher アメリカオオハシシギ
39.Long-billed dowitcher オオハシシギ
40.Spotted redshank ツルシギ
41.Greater yellowlegs オオキアシシギ
42.Solitary sandpiper コシグロクサシギ
43.Spotted sandpiper アメリカイソシギ
44.Least sandpiper アメリカヒバリシギ
45.Bonaparte’s gull ボナパルトカモメ
46.Ring-billed gull クロワカモメ
47.California gull カリフォルニアカモメ
48.Glaucous-winged gull ワシカモメ
49.Western gull アメリカオオセグロカモメ
50.Rock dove カワラバト
51.Western wood-pewee ニシモリタイランチョウ
52.Western scrub-jay アメリカカケス
53.Black-billed magpie クロバシカササギ
54.American crow アメリカガラス
55.Northern raven ワタリガラス
56.Black-capped chickadee アメリカコガラ
57.Chestnut-backed chickadee クリイロコガラ
58.Northern rough-winged swallow キタオビナシショウドウツバメ
59.Barn swallow ツバメ
60.Common starling ホシムクドリ
61.Varied thrush ムナオビツグミ
62.American robin コマツグミ
63.House sparrow イエスズメ
64.American goldfinch オウゴンヒワ
65.Brewer’s blackbird テリムクドリモドキ
66.Fox sparrow ゴマフスズメ
67.Song sparrow ウタスズメ
68.Lincoln’s sparrow ヒメウタスズメ
69.White-crowned sparrow ミヤマシトド (West Taiga)
---White-crowned sparrow ミヤマシトド (Puget)
70.Savannah sparrow サバンナシトド (Brooksi)
---Savannah sparrow サバンナシトド (Nevadensis)
71.Chipping sparrow チャガシラヒメドリ

哺乳類結果:
Douglas squirrel ダグラスリス
Chipmunk sp. シマリス sp.
Rabbit sp. ウサギ sp.
Coyote コヨーテ
Humpback whale ザトウクジラ
Harbour seal ゼニガタアザラシ

最後におまけ☆
DSC_6240.jpg
Western gull アメリカオオセグロカモメ Larus occidentalis occidentalis
この顔を見るとLaughing gullと言いたくなりますねw
でもあいにくそれだと別の種になっちゃいますね




さてさて、次からはまたちゃんと動植研の活動の事を書かなきゃ…怒られちゃう…(汗)
スポンサーサイト



tag : アメリカオオセグロカモメ

エリカの冒険@北アメリカ Day10

夢の中で鳥を見ているのは私だけじゃないんですね。
夕べは我家の庭にウソがやってきた夢。いや~、早くみたいな~
それにしても私の夢はどこか微妙に現実味があるんですよね。
この間書いたイソヒヨドリの時ですが、実は連写しながら「うまく撮れないな…」と。
今回は「枝が邪魔で綺麗に撮れないよ…」と。
なぜでしょうね。夢ならいっそ何もかもパーフェクトでいいのに。

Day10:9月16日

ほぼ最終日。
朝はBotanical Gardenでおさんぽ。いろんな鳥がいたものの、双眼鏡を持っていなかったので同定できず…
半分寝ぼけた状態で「お散歩行くよ~」って言われてつい双眼鏡を忘れてしまったorz
もういっそ寝るときに腕に括り付けておいた方が良いのでしょうかね?w
DSC_8075.jpg

DSC_8087.jpg

DSC_8107.jpg
そういえばこやつはいたな。ずっとガサガサ餌探しをしていましたね。

昼は美味しいギリシャ料理を食べてから辺りを散策。川にはマガモがたくさーん。

その後はケンモアのLog Boom Parkという場所。自転車用道路のすぐ横にある公園で、散歩中による人が多いです。でもJuanita Parkとは違い、鳥屋は全然いない。いいんだかわるいんだかよくわかりませんがw
DSC_8194.jpg
まぁ、種類はあまりいないものの人なれしてる子たちが近くまで来てくれます♪

DSC_8202.jpg
DSC_8260.jpg
Mallard マガモ Anas platyrhynchos
どちらもたくさんいました。♂はみなエクリプス中かエクリプスから繁殖羽に生え変わり中の子ばかり。
個人的には完全な繁殖羽の子ばかりよりも生え変わりの子がすきです。

DSC_8244.jpg
DSC_8256.jpg
Ring-billed gull クロワカモメ Larus delawarensis
成鳥が一羽と第一回冬羽の子が一羽。成鳥はすぐに去ってしまいましたが、この子は好奇心旺盛。上の写真はノートリですよ!ずーっと隣で様子をうかがい、飛んだかと思いきやまたすぐ隣におりてきて。

さぁ、そろそろかわいい子たちとはおさらばだ。

鳥類結果:
6種6亜種
1.Dusky canada gooseクロカナダガン
2.Mallard マガモ
3.Blue-winged teal ミカヅキシマアジ
4.Ring-billed gull クロワカモメ
5.Glaucous-winged gull ワシカモメ
6.American crow アメリカガラス

tag : マガモ クロワカモメ

エリカの冒険@北アメリカ Day8&9

夕べアオハライソヒヨドリが夢に出てきてくれました。
昨日、大学で久しぶりにイソヒヨを見て(アオハライソヒヨみたいな~)と思ったからでしょうかね。
海岸ってイメージが強いイソヒヨですが、最近キャンパス内でよく見られるそうです。
他大学に比べるとキャンパスで見られる鳥なんてかなり種類限られていますが、これはこれで楽しいです。

Day8:9月14日

今日は高校の友達と動物園!!♬
生物の授業のプロジェクトでは以前一日中とあるゴリラの観察をするという事をした場所でもある思い出たっぷりの動物園^^
結果、ゴリラは一日の70%ぐらいを食べることと食べ物を漁ることに使うという事がわかった。

動物園の写真をアップし始めてしまうとエンドレス…それはやめておこう
とりあえずお気に入りな動物園の子と動物園にいたかわいいカラスちゃんたちを♥

DSC_7367.jpg
Peregrine falcon ハヤブサ Falco peregrinus
ラプター・ステーションはやっぱり良い!すぐ近くで見れるし、邪魔なフェンスが無い。
以前もフクロウをドアップで撮った気がする

DSC_7479.jpg
DSC_7523.jpg
American crow アメリカガラス Corvus brachyrhynchos
動物園にはカフェテリアがある→カフェテリアには食べ物がたくさん→もちろんたくさん落ちてる→カラスも当然多い
友達と一緒にお昼を食べながらひたすらこの子たちを撮影☆ミ 個性たっぷりでかわいい~

動物園はどこのに行っても楽しいですよねぇ~
良い一日でしたぁ^^

Day9:9月15日

別の高校友達二人との一日!

まずは朝ごはんのため、ドーナッツ屋で集合。
そこから歩いてPike Place Marketへレッツラゴー!
DSC_7872.jpg
ここにはたくさんのユニークなお店が!
魚を投げるので有名な魚屋、チャウダーで有名な店、アンティーク屋、野菜市などなど、なんでもありです!

その近くで本日唯一見た鳥はっけーんw
DSC_7852.jpg
Common starling ホシムクドリ Sturnus vulgaris
ほぼ無視されながら人の間をテクテクお散歩。いいものみつかるといいねぇ

その後は以前言ってたスペースニードルへ!
DSC_7978.jpg
360度の眺め。よく晴れて本当によかった~
前回行った時は雨と強風…それはそれで面白かったけど…


野鳥はほとんど見ない二日間だったけど、友達と観光できて楽しかったです!♪
もうすぐアメリカともお別れだ…さびしいな…

tag : ホシムクドリ

エリカの冒険@北アメリカ Day7

試験直前だというのに風邪をひくなんて…これはもしや試験に対する拒絶反応だったりするんですかね…
さっさと治して、試験終わらせて、鳥を見に行きたいものです。
とりあえず我が旅の続きです(ごめんなさい、おそらく一番鳥的に面白い部分はDay6でした……)

Day7:9月13日

いやー、前の日はすごすぎた!完全にぐっすり。
この日はひたすら北へもどらねば…わかれがさびしいよぉ~>。<

とりあえずガソリンを入れよう!
ガソリンを入れている間になにやら見覚えある子が
DSC_7159.jpg
Western scrub-jay アメリカカケス Aphelocoma californica
だいぶ前にグランドキャニヨンで見た気がする。日本のカケスとは全然ちがうなぁ~
他にもアオカケスやステラーカケスなどがいますがどれも見かけ全然バラバラだなぁ。個人的にはステラーカケスが一番好きだけど。

さて、ため息つきながら一日車のバックシートで寝る準備
そしたら、レンジャー・ステーションが近くにあるというので親が「よっていく?」って聞いてくれた。
遠慮したけど「今行かなかったら次いつ行けるかわかんないよ?」と。
確かにそうだな…じゃあありがたくいかせてもらおう!
矢印について言ったら恐ろしく真っ直ぐでながーい道が前に…どこまで連れてかれるんだろう

だいぶ後にやっとたどり着いた。
そこで資料をいただいたり、何が見れたかのお話。どうやらカンムリカラカラが一羽行ったり来たりしてるらしい。残念ながら見れなかったけど


出た直後に前からなにやら大型哺乳がはしってくるぞ?!?!
DSC_7199.jpg
Coyote コヨーテ Canis latrans
家の辺りにもたくさんいたらしく、声はよく聞いていたけど見るのは初めて!
真正面から走ってきて、車の真横を通過XD
少し怖いな~思いながら窓から上半身を突き出して撮影する私。
全く気にすることなく走っていきました。

こんな子もいましたねぇ
DSC_7216.jpg
American coot アメリカオオバン Fulica americana
幼鳥かな?

いや~来てよかった~
さて、良いものを見た。北に行きましょ

DSC_7221.jpg

お昼は本場のマックで10PCチキンナゲット
多すぎるという程のBBQソースを付けて食べるのがおいしい☆
本当はハンバーガー食べたいんだけどね…アメリカ牛は食べないことにしているのだ
和牛、オーストラリア―牛、ニュージーランド牛とは全然違う味でおいしいんだけどね

途中のサービスエリアで一休み⇒
久しぶりに見るコマツグミが現れた~♪
そして、その近くには
DSC_7269.jpg
Cottontail sp. Sylvilagus sp.
Eastern(移入種)かMountain(在来種)かはちょっと分かりません…
にしてもかわいいなぁ♥♥ 尻尾なんかもっふもふで真っ白XD

DSC_7275.jpg
Fox sparrow ゴマフスズメ Passerella iliaca
幼鳥です。色が不完全なとこがかわいい~

ちょくちょく休憩したものの、それ以外はひたすら車で
お父さんお疲れ様です
そのおかげで無事シアトルにつきました
明日は動物園や☆ミ

鳥類結果:
10種10亜種
1.American white pelican シロペリカン
2.Cattle egret アマサギ
3.Turkey vulture ヒメコンドル
4.American coot アメリカオオバン
5.Black-necked stilt クロエリセイタカシギ
6.Bonaparte’s gull ボナパルトカモメ
7.Western scrub-jay アメリカカケス
8.Common raven ワタリガラス
9.American robin コマツグミ
10.Fox sparrow ゴマフスズメ

哺乳類結果:
1.Chipmunk sp. シマリス sp.
2.Cottontail sp. ワタオウサギ sp.
3.Coyote コヨーテ

tag : アメリカカケス コヨーテ アメリカオオバン ゴマフスズメ

エリカの冒険@北アメリカ Day6

うーむ、最近鳥班としての活動に関して全然書いていませんね…
総合調査とか行ってはいるんですけどね…ただ試験が近いために書く暇がないという…
[この北アメリカ旅行のは実はだいぶ前に書いたものだったりw]
休みに入ったら頑張りますんでしばらくこれで勘弁してください(汗)

Day6:9月12日

さて、この日は待ちに待った日!初めに言ってたダメ元で言ったらOKになったもの。
近くのホテルで泊まったのですぐにスタート!
ポイントは多くて、46個かなんか??とてもじゃないけど回りきれないorz
というか一日係で結局2個(ほぼ1個)しか回れなかったw

まずはTopsy reservoirという場所。ここはまだオレゴン州ですね。
DSC_6629.jpg
↑こんな場所。雰囲気的に色々いそうですよねぇ
実際、シロペリカンやオオアオサギ、ミサゴなど色々出てきてくれました。

目の前の岩にはこの子が出てきてくれました。
DSC_6637.jpg
Song sparrow ウタスズメ Melospiza melodia
ホオジロ科の子って本当に可愛いですよねぇ。同定は少々苦手だったりはしますが(-_-;)
声は聴けなかったけど綺麗なのでしょうね、こういう名前であるからには。

さて、すでにお昼時間。そして一度もう一カ所に行ってしまうと絶対食べ損ねる。
DSC_6649.jpg
ひっさしぶりのメキシカンだぁ~~!!!
日本にもおいしいメキシカンはあるもののほとんど高級なものばかり…手頃な値段ではなかなか食べられない…
それにナチョスが有料とかおかしい…

昼の後はLower Klamath National Wildlife Reserveに。オレゴンとカリフォルニアの境にあります。
以前家族で来た時にはここに迷い込んだらしい。でも鳥の種に興味の無い私はとりあえず「わぁー鳥がたくさーん」
もったいないですね。
DSC_6857.jpg

入った時点でそこらへん中から!!!やっやばい!!!
ハイイロチュウヒ♀がたくさん!
カモが飛び交う!
シギチがうじゃうじゃ!
同定が間にあわないT_T
買ったばかりの図鑑がボロボロに~

DSC_6735.jpg
Greater yellowlegs オオキアシシギ Tringa melanoleuca
わー苦手なシギチがたーくさーん!予習はしたもののやはり苦手…

DSC_6760.jpg
American coot アメリカオオバン Fulica americana
日本のオオバンとは少し違った感じ。額の所とか特に。

DSC_6775.jpg
Short-billed dowitcher アメリカオオハシシギ Limnodromus griseus
秋、春の時期に干潟に行くと確かにたくさんシギチがいます。でもここまで集中しているのははじめてだ。しかも、これって一番望遠の状態でのほんの一部ですよ?これが一面に…

DSC_6890.jpg
White-faced ibis カオジロブロンズトキ Plegadis chihi
こんなやつ日本にはいない…色々とすごいな。時期的に非繁殖期なので顔には白い線はない。

DSC_6939.jpg
Ring-necked pheasant(common pheasant) コウライキジ Phasianus colchicus
いやー面白い模様ですよねぇ。最初見たときは「?!?!」ってなりました。「こんなやつ図鑑で見たことが無いぞ?!?!」って
アメリカという未知の世界だからなぁという考えを捨て、フォルムを少し見てみたらなんてことはない、キジじゃないですか。
なぜかこのような♂の幼鳥ばかりで♀はほとんどいない。♂成鳥も一羽のみ。
こいつらかわいくて道の真ん中に来てはダンスをして去っていく。危ないぞ~!
だいぶ遠くまで真っ直ぐな道ですが、だいぶ先までいましたねこやつら。

DSC_6976.jpg
Ring-necked pheasant(common pheasant) コウライキジ Phasianus colchicus
唯一の成鳥。この子は道には出て来ず、横の方から出てきて、すぐに隠れてしまいました。こっちの方がよっぽど利口に思えますがね。
まぁ、幼鳥たちはかわいかったのでよしとしましょうね。こんな鳥好き以外来ない場所ならひかれる心配も少ないでしょうし。

DSC_6960.jpg
Red-tailed hawk アカオノスリ Buteo jamaicensis borealis
考えてみたらこの種もほとんど幼鳥ばかり。綺麗な成鳥はアメリカに着いてすぐのあの子ぐらいかな。
この子は興味津々みたいでずーっと真横で座ってこちらの様子をうかがってました。

DSC_6972.jpg
Savannah sparrow サバンナシトド Passerculus sandwichensis
なかなかウタスズメと区別できずにいましたが、ウタスズメは顔の所が灰色でこちらは白い眉斑があるというわかりやすい点があるらしいです。なんで気づかなかったんだろう~?

DSC_6999.jpg
Northern harrier ハイイロチュウヒ Circus hudsonius
渡良瀬に行った時に見たチュウヒと同じような行動で低い所を飛んではダイブして獲物を捕まえようとしてました。
やっぱりフクロウみたいな顔だなぁ~

そろそろ時間的に帰る時間。だいぶ日も傾いてきました。
もう少しでこの区域を出るというところで何やら面白いものがアシ原の間からポコポコと。
DSC_7054.jpg
Sandhill crane カナダヅル Grus canadensis tabida
こう見るとアシの高さがよく分かりますねぇ~。いや~迷い込んだらたいへんだ!

はぁ、同定が大変だった…でもほとんどが初見!!!よく一日エネルギー持ちましたな~。自分で驚き。
次来るのはいつになるだろうか。楽しみだなぁ~♪

エネルギーはやっぱり切れてたみたいww
ホテルの電話で友達と40分話したのもあり、その後は一瞬でふかーい睡眠にww

鳥類結果:
1.Pied-billed grebe オビハシカイツブリ
2.Western grebe クビナガカイツブリ
3.American white pelican シロペリカン
4.Double-crested cormorant ミミヒメウ
5.Great blue heron オオアオサギ
6.Great egret ダイサギ
7.Snowy egret ユキコサギ
8.Black-crowned night-heron ゴイサギ
9.White-faced ibis カオジロブロンズトキ
10.Greater white-fronted goose マガン
11.Dusky canada gooseクロカナダガン
12.Mallard マガモ
13.Northern pintail オナガガモ
14.Gadwall オカヨシガモ
15.American wigeon アメリカヒドリ
16.Northern shoveler ハシビロガモ
17.Cinnamon teal アカシマアジ
18.Green-winged teal コガモ
19.Turkey vulture ヒメコンドル
20.Northern harrier ハイイロチュウヒ
21.Northern goshawk オオタカ
22.Red-tailed hawk アカオノスリ
23.Osprey ミサゴ
24.Ring-necked pheasant コウライキジ
25.Virginia rail コオニクイナ
26.Sora カオグロクイナ
27.American coot アメリカオオバン
28.Sandhill crane カナダヅル
29.Black-necked stilt クロエリセイタカシギ
30.Greater yellowlegs オオキアシシギ
31.Spotted redshank ツルシギ
32.Solitary sandpiper コシグロクサシギ
33.Spotted sandpiper アメリカイソシギ
34.Least sandpiper アメリカヒバリシギ
35.Short-billed dowitcher アメリカオオハシシギ
36.California gull カリフォルニアカモメ
37.Western gull アメリカオオセグロカモメ
38.Black-billed magpie カササギ
39.Barn swallow ツバメ
40.Savannah sparrow サバンナシトド
41.Song sparrow ウタスズメ
42.Lincoln’s sparrow ヒメウタスズメ
43.Brewer’s blackbird テリムクドリモドキ

tag : ウタスズメ オオキアシシギ アメリカオオバン アメリカオオハシシギ カオジロブロンズトキ コウライキジ アカオノスリ サバンナシトド ハイイロチュウヒ カナダヅル

プロフィール

鳥類班

Author:鳥類班
大学周辺だけでなく様々な場所で鳥を見たり記録したりしています。ほんわかした雰囲気で活動しています。時には真剣になったり、調査データと睨めっこして考察したりします。
フィールドは日本全国!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
アクセス