FC2ブログ

お願いだからいう事きいてぇ~T_T byエリカ

言われて見て初めて気が付きましたが今日はクリスマスですねぇ!
まぁ、宗教的な事は何もせず、プレゼントのやり取りやなんとなくお祝いごとのみですがねw

そして、昨日はイブ!
イブは一般的になにをする日なのでしょうね?これもまた外国と日本では全然違うでしょうが。
まぁ、動植研のイブは一般とはかけ離れている確立が高いかも

私と翼先輩とリョーハ班班長の三人はそんなイブを行徳で過ごすことにしました!

集合時間は12時。鳥班にしてはすっごくのんびりだo_O →普段7:00とか9:00集合なのに
行徳にたどり着いてまず横に入るTrailをしばらくブラブラ。観察会までは時間あるし。そういいながらブラブラ。
木の間からはスズガモ、、オオバン、などなどが見える。セグロカモメも元気に飛んでいる^^
一方、真上を見るとキクイタダキとヒガラとシジュウカラが混群で。どれもかわいい♥♥今年は本当にキクイタダキがおおいですねぇ。見られなくなる前に存分に楽しむことに
そして時計を見ると…あっ…やばい…急いで観察舎に行かないと…と思ったところで……腰が…首が…T_T
だが動植研人はそんなことでは負けない!*コキッ、コキッ…シーン…はぁ、楽になった
早歩きで観察舎に向かう。まぁ、後30分あるんだけどね。
➔をふと見るとカモ類がたーくさん!そしてかわいいカワウやユリさんもたくさん
DSC_1278.jpg
ハシビロガモ Anas clypeata
可愛いけどどこがかわいいのかって聞かれると答えられるのかなぁ?とにかく雰囲気がかわいいとしか言いようがない。しいて言うならばあの餌を探す時のあの動きですかね。

DSC_1285.jpg
オナガガモ Anas acuta
この子はなんといっても嘴と尾ですね。それにアングルによって頭が紫や緑に綺麗にひかるんですよぉ~

DSC_1309.jpg
カワウ Phalacrocorax carbo hanedae
近くの枝を見つけていきなりグイッと引っ張り始めました。巣材を集めているのでしょうが…なぜわざわざとりにくそうなのを…周りには取りやすそうなのがいくらでもあるのに…あの枝がどうしても欲しかったみたいですね
何とか頑張って抜きとれたもののはたしてこんな大きなのを運べるのでしょうか?みんなでしばらく見守る…

DSC_1313.jpg
ハラハラしながら見ているといきなり走りだして…!無事飛び立つことが出来ましたぁ。無事巣まで戻れることを願います。落としちゃったらせっかく頑張ったかいがなくなっちゃいますしね

はて、何かを忘れているような……
アッ…
後30分だったのがいつの間にやら後5分!!やばい!!
急いで観察舎に向かうと丁度みなさん出るところ。一応間に合った

普段あんまりこのような観察会には参加しませんが、いいものですねぇ。鳥の事だけでなく、他の動植物の話もたっぷり聞けました。なかなか独自に全て勉強するひまはありませんが、こういう形でちょっとずつ聞くのは楽しいです。
鳥はまんべんなく見ることが出来、演習林でずっと追っかけてやっと見ることが出来たシロハラをはっきりと見たり、ヒガラの群を見たり。ユリカモメも定期的に10羽ぐらいで上空を飛んでいました。

DSC_1340.jpg
ノスリ Buteo buteo japonicus
他の猛禽類は出ませんでしたが、ノスリがその分サービスたっぷり!ホバリングを頻繁にしたり、すごかったですよぉ!しかし、残念ながらカメラはまだ反抗期…偶然とれたこの一枚で背いっぱい…お願いだからいう事聞いてください……

DSC_1347.jpg
ヒガラ Periparus ater insularis
以前見たことがあったもののここまで数多く見るのは初めて!!あまりじっとしないシジュウさんよりさらに動き回る。シジュウさんは広葉樹が似合いますが、この子は本当に針葉樹がよく似合いますね。元々の環境を知らなくてもなんとなくなイメージw

さて、一年鳥見ててまだウソを見ていない私…今日は是非ウソが見たい!!!!という事で楽しみにしていました。
歩いていて見覚えある場所にたどりついた。あーもう終わっちゃうのかぁ~。まだウソ見てないのに…
一番初めの所で最後に軽く周りを見る。目の前の木に鳥が一羽。(どうせムクかなにかだろうな…)と思いながら一応見てみると…?!?!
あれっ?
えっ?


少々混乱気味な私w キかヒか一瞬思い出せなかったが何とかあってる言葉が出た
「ヒッ、ヒレンジャク?!?!」
DSC_1362.jpg

DSC_1367.jpg
ヒレンジャク Bombycilla japonica
時間オーバーしているにも関わらず、みんなでこの子を観察。
いや~、ウソは見れなかったけど、実に良いクリスマスプレゼントになりました!!!

観察会は30分オーバーして終了♪みなさんお疲れ様でした!そしてありがとうございました!良い年が迎えられそうです^^

さて、今年の記載はおそらく(少なくとも私は)最後。
このブログが始まってまだ数ヶ月ですが、来年もぜひともよろしくお願いいたします!
では良いお年を!

-エリカ
スポンサーサイト



tag : ハシビロガモ オナガガモ カワウ ノスリ ヒガラ ヒレンジャク

Be preparedを忘れてしまった...orz

つぶやき@エリカ

久しぶりのつぶやきです。
今日ネタができるものの、クリスマスプレゼントであるカメラを26日の朝まで開封できなく、少々がっかり気味…
新しいカメラで撮ったものをアップするのが楽しみだったのにT_T

はて、昨日は兄弟で仲良く秋葉原に行きました
三人とも全然趣味の方向性が違うけれど全部AKBで足りてしまう。まぁ基本ヨドバシですけどねw
辺りの小さな店を漁って掘り出し物を見つけるのも楽しい^^

漁った後に最後にヨドバシでカメラ!!と思った私。
途中で綺麗に翼だけ残されたキジバトさんはっけーん!
しかーし
残念ながら袋が無いT_T
カメラバッグがあれば入ってるのに…今日は買いに来ただけだからいらないかと…orz
カメラバッグはいつでもどこでも持ち歩かなきゃダメですね!!!
そしてもう一つの問題は
頭がカメラでいっぱい過ぎて戻るのを忘れた…orz

そんなちょっと残念続きな日でした
今日はいいことあるといいな~♪

091128032a.jpg
Clark's nutcracker ハイイロホシガラス Nucifraga columbiana

tag : ハイイロホシガラス

10月7日 後半



IMG_0084_convert_20121124000457.jpg

誰だろうねこの方々はw?

とりあえず宮山原始林に行きたかったのです。山に私は行きたかった。

そこで適当に伊良湖神社へ…

メジロZosterops japonicus japonicusやエナガAegithalos caudatus trivirgatus等の混群がちらほら。

こんな普通種の小鳥ちゃんをみながら「うっひょーーー可愛えええ
って言えるのが動植研人ですな。

そして、伊良湖神社がどこにあるかわからないけどもひたすら歩き続ける…。それが動植研。


あれ、
IMG_0097_convert_20121124000407.jpg
ホンドタヌキNyctereutes procyonoides viverrinus


いろんな動物に出会ってしまうのが動植研です。

みんなで、この子が寝ている原因を考えてたりしていました。



…まあ結局、鳥類班は伊良湖神社に到着。
それなりな広葉樹林が繁茂していました。それなりの空間もあるし、鳴き声も聞こえたのでそのポイントで待機しました。

キビタキFicedula narcissina narcissinaやアカゲラDendrocopos major hondoensisが見れました!
IMG_0115_convert_20121124000913.jpg

「あーーー?」



その分、夜の運転は翼君に任せる


満足したので、そこから彙毛湿原に行きましたが、

車で非常に時間がかかった…。でも、予定通り。




なんだか良い雰囲気の林に到着。

「いや~アオバズクNinox scutulata japonicaいそうだな~。でも10月っているかな~」って運転しながらヤタベがぼやいていましたら。


「あ~いましたぁ」ってね。到着早々フクロウ類見れるなんて気分上々だね。



…既に18:00。辺りは暗い。

さて、第2部

彙毛湿原だべさーーーーー



IMG_0140_convert_20121124001453.jpg
ウシガエルRana catesbeiana

夜の湿原とかいろんな生き物との出会いが期待できるぜーーーー

IMG_0222_convert_20121124002657.jpg

お馴染みのツチガエルRana rugosa。同定ミスったらすみません。でもさ、つちでしょ、ヌマじゃないでしょ。



IMG_0208_convert_20121124002232.jpg
ちなみにこんなとこです。


ライトあるので大丈夫ですwIMG_0129_convert_20121124001234.jpg


まあまあ…鳥の画像じゃなくてもね。
ニホンヤモリGekko japonicusですかね。


IMG_0204_convert_20121124002146.jpg


昼間に行っても良かったですね。なんだか広いです。こう見ると、静岡って横長ですね。
しかし、昼間に行ったらスリルがないね。
遠征するからには、危険したいじゃん?
IMG_0219_convert_20121124002425.jpg

おお、サワガニGeothelphusa dehaani 。日本固有種らしいのですが、本当ですかね。調べてみます。お酒に合います。





IMG_0152_convert_20121124001630.jpg

川で寝ていたので素手でゆっくりと捕まえました。追星ありましたね。カワムツZacco temminckiiでしょうか。オイカワではなかったです。ここには餌資源がたくさんありますね。…最後はちゃんと放しました。







IMG_0198_convert_20121124001944.jpg

初めてみた!
やべえええええええええええww

とげってるよ!棘とげちゃんちゃんこのトゲナナフシNeohirasea japonicaです

こいつ可愛いんですよ。


最初はいくら触っても
「拙者は枝だ。まだ気づかれていない…。」的な感じだったけど。

「バ、バレてるもしかしてバレているのかぃ」的

な感じなって急に暴れだしましたw

こいつ飛ばないんだね。

まあ遠征はこんな感じです。






tag : タヌキ ツチガエル ニホンヤモリ サワガニ トゲナナフシ

カメラが反抗期だ...orz byエリカ

いや~、忙しくてしばらくブログがおろそかになってしまいましたね。すみません(汗)
まぁ、でもスポンサーサイトはまだ出ていませんよ?(笑)

12月12日は休みだったので後輩と先輩と一緒に渡良瀬!一年ぶりです^^
午前9時に板倉東洋大前集合。
先輩は遅れてくるそうなのでとりあえず二人でブラブラ。

駅前の川に色々いそうだったのでとりあえず少し見始めたら早速色々と。
久しぶりに見るタシギやいきなり大サービスのカケス。

しばらくみた後に遊水地に向かうことにした。まぁ、看板とかあるし大丈夫でしょう。

DSC_0679.jpg
遊水地直前にあったかわいいサイン^^ モデルはどの子でしょうね?

遊水地に入ってまず南へ向かう道を。周り中から様々な声と飛び交う小鳥たち♥
ホオジロさん、ジョウビさん、カワラヒワがそこらへん中!

一方、水の方はカモ類はほとんどいない...
池全体をハジロカイツブリがゆうゆうと泳ぐ♪
DSC_0986.jpg
ハジロカイツブリ Podiceps nigricollis nigricollis

ヤマガラもひっさしぶりに見た気がする。
その後、池の間を通る道をず~っと

DSC_0708.jpg
トビ Milvus migrans lineatus
エサの取り合いでしょうかね。すごい空中戦でした~

DSC_0993.jpg
カンムリカイツブリ Podiceps cristatus cristatus
この子も一年ぶり~
「また来年!」って思いながら見ていたらなんと先日行徳ですでに再会してしまった

ホオジロさんがたくさんいるもののカシラダカさんいないな~と思っていたところを
DSC_0716.jpg
カシラダカ Emberiza rustica latifascia
空気を読むのが得意なようです。出なかったらどうしよう…とこっそり思ってたりもしましたね



それにしても......
風が強い...
そして寒い!!!!
両側にアシがある部分はまだましでも、やっぱり風は冷たくてやばい…指が…orz

ウォッチングタワーにたどり着いてやっと風よけが!!ヾ(*≧∀≦)ノ゙
チュウヒがぽろぽろ出てきてくれて、ノスリもたまに。
ハイイロチュウヒ♂は出てきたものの、ほんの短い間で、後輩に場所をしめそうとしている間にLOST…ごめんなさい…
しばらく観察してから
とりあえず体温を再び上げねば!そしてお昼も食べねば!
休憩しているところを翼先輩が!!
どうやら己の翼を強く羽ばたきすぎて池を通り過ぎてずいぶん北の方のゴルフ場に行ってしまったみたい(´・ω・`)
あっ、でもそのおかげでこちらが見れなかったエナガとベニマシコをみれたとか!いいな~>。<

さて、やっと合流したところでアシ原zoneにレッツゴー♪
中に入られてしまうとなかなか見れないものの、意外と見やすい所にみんなでて来てくれました~!
DSC_0800.jpg
ジョウビタキ Phoenicurus auroreus auroreus
興味津々なこの子。かなり長い間一定の距離を置いて私達の案内。迷子にしないでねぇ

猛禽もウォッチングタワーからはすっごく遠くからしか見えなかったのにアシ原の中からはだいぶ近くで見ることが出来ました~♪
DSC_0941.jpg
ノスリ Buteo buteo japonicus
そういえば去年は全然猛禽はいなく、午後2時ぐらいに30分間ぐらいバーッと出てきてからまた消えましたが、
今年は一日中ぱらぱらと出てきてくれましたねぇ~

アシ原ZONEから出たら鳥屋が何人か待機。ハイチュウ狙いらしいですねぇ。さっき全然違い方角にいましたが…
その近くでコゲラさんが二羽!
DSC_0906.jpg
コゲラ Dendrocopos kizuki nippon
久しぶりに見ましたがやはりいつみてもかわいいですねぇ♥
ここで三人カメラ持ちなのでミニ撮影会のスタート(笑)
でもまだまだ見てない部分がたくさん!という事で割とすぐに移動

ポイントだという事で新赤麻橋に行ったものの何も出ず…むしろアシ原の方が猛禽も色々いた…
ということで今度は東側を戻り、池の間を通り道を。
帰りは朝いなかったカモ類がたーくさん!大好きなヒドリさんも☆ミ
そして遊水地別れ際にこの子
DSC_1031.jpg
ツグミ Turdus naumanni eunomus
去年はやたらにツグミが少なかったのに対し、今年は多いな~
おいしそうに実を見せつけてますねぇ。「わけてあげないぞー」って

遊水地から柳生駅までは迷子気味
でも何とかたどり着いたので結果オーライとしましょう♬

去年のルートとはまったく違いましたが(と言うのは興味がまだそこまでなかったので全然覚えていなかった…orz)なんだかんだと色々見れました~
帰るのが惜しい…きっとまた来年…

鳥類結果:
42種42亜種
1.キジ 2.ヒドリガモ 3.マガモ 4.カルガモ 5.ハシビロガモ 6.カンムリカイツブリ 7.ハジロカイツブリ 8.キジバト 9.カワウ 10.アオサギ 11.ダイサギ 12.オオバン 13.タシギ 14.イソシギ 15.セグロカモメ 16.トビ 17.チュウヒ 18.ハイイロチュウヒ 19.ノスリ 20.カワセミ 21.コゲラ 22.モズ 23.カケス 24.オナガ 25.ハシボソガラス 26.ハシブトガラス 27.ヤマガラ 28.シジュウカラ 29.ヒヨドリ 30.ムクドリ 31.アカハラ 32.ツグミ 33.ジョウビタキ 34.スズメ 35.キセキレイ 36.ハクセキレイ 37.セグロセキレイ 38.カワラヒワ 39.シメ 40.ホオジロ 41.カシラダカ 42.アオジ

tag : ハジロカイツブリ トビ カンムリカイツブリ カシラダカ ジョウビタキ ノスリ コゲラ ツグミ

「寒いですね~」の一言でいいんだ byエリカ

お久しぶりです!
最近なんだか何もしてないのに疲れてる気がする...そのせいであまりあちこち行けなかったりも...
でも今年は色々とすごいので頑張ります。

ということで12月1日は東京港野鳥公園に行きました!
でもメインの目的は鳥を見ることではありませんよ?!?!
この日はBLUE BIRDという団体の活動の一つで「干潟掃除で渡り鳥サポーターになろう!!」というものに参加いたしました!

近年、ゴミなどが増えてきて、渡り鳥が干潟を利用できない状態が増えてきました。そのため、全体的に個体数がへってきました。他の場所を求めて飛ぶものの、エネルギーを蓄えられずに死んでしまうものもいます。

この活動では東京港野鳥公園の普段入れない場所に行き、ゴミ拾いを行います。これだけを聞くと「なーんだ」って思うかもしれませんけど、実際に見てみるとゴミの量はものすごいですよ??
ほら~
DSC_0216.jpg
これでも少ない方なんですよ??

それに、ゴミを拾うだけで鳥は大助かり!見るだけじゃなくて少しはお返しもしなくちゃ!
普段いつも見ている鳥の助けになると思うとゴミ拾いも楽しくなりますよ!!

この活動は毎月第一土曜日に行っていて、誰でも参加できます!是非参加してみてください!翼先輩にもぴったりじゃないですか?!「BLUE BIRD」ですよ?!?!
活動がどんな感じなのかはこちらのブログを見ればわかると思います。今回はゲストで書かせて頂きました^^



さて、三回目の参加の私ですが、基本このボランティアが終わって一緒にお昼を食べた後は一人で回るのがパターン。今回はタカサゴモズ狙いで。
お昼頃の雨が過ぎるのを待って早速活動開始!

とりあえず一番いそうな東観察館へ。
着いたらすでにたくさんのバズーカもった方々が。どうやら場所はあってるらしい。
しかーし、人見知りな私。声をかけられず…
とりあえずカモや他の鳥な何がいるかを見ることに。
DSC_0281.jpg
キンクロハジロ Aythya fuligula

それが一通り終わって「さて、どうしよう?」というとこで
「あっ!!!」
見初めて10分ぐらいで出ました。しかも話しかける前に。緊張した意味が...orz
DSC_0245.jpg
タカサゴモズ Lanius schach schach
まぁ、300㎜のNikonD40じゃあこんなもんですよね。でも観察はじっくりできました^^
ずっと同じ場所でじ~っとしていたので非常に観察しやすかった。

その間に上をハイタカ♂がス~
そっちを見てもタカサゴモズちゃんは同じ場所にいたので安心。
15分ぐらいして隠れちゃいました。
そしてその15分の間に私の体温はどこかえ吹っ飛んでしまいましたね...
また出てこないかな~と待っている間、隣のおじちゃんが「寒いねー」と。
「そうですね~」と返したら気づいたら会話に!!色々教えてもらいました。おじちゃん、ありがとう!
いや~、会話ってなんでもない一言から始まるんですね。

会話を終え(おっちゃん寒くて帰っちゃった...)、後30分耐えたもののやっぱり寒い……歩こう!

しばらくネイチャーセンターで温まる。人だれもいないから一人でぼ~
DSC_0314.jpg
カワウ Phalacrocorax carbo hanedae と アオサギ Ardea cinerea jouyi
カワウ相変わらず多いな……

体がぽかぽかし始めたあたりで二号と一号観察小屋へ。
そっちの方は一人たりともいなかった。みんな東館かな?
いつもは人が多いのでなかなか良いポジションをとれないのだが、今回は好きなことから見放題!荷物を置いて行ったりきたり。こういうのもいいですね。

DSC_0364.jpg
オオセグロカモメ Larus schistisagus
この格好なんだかかわいい♥

DSC_0385.jpg
カイツブリ Tachybaptus ruficollis poggei
普段一羽か多くても二羽でしか見ないのに今日は何と八羽!!みんなで潜ったり追っかけっこしたり。鳴かないけどある意味にぎやかなグループ。

時間があまり残ってない...
あわてて自然生態公園の方へ
真赤な腹をして尖った翼の猛禽が!?と思ったら夕日が当たるチョウゲンボウだった。別にチョウゲンボウも好きですが、少し期待外れ。
DSC_0392.jpg
メジロ Zosterops japonicus japonicus
他の子はみんなすぐ逃げたのにこの子はすぐそばに来ても逃げず。肝が据わってるというかなんというか。
そういえばこの子は黄色味が少なかったな。江の島の子はまっきっきだったのに。

家族との予定をすっかり忘れていた私。
気付いたらもう遅れ気味…
あわててバス停へ向かう。
本日は充実した日だったな~

鳥類結果:
33種33亜種
1. オカヨシガモ 2. ヒドリガモ 3. マガモ 4. カルガモ 5. ハシビロガモ 6. オナガガモ 7. コガモ 8. ホシハジロ 9. キンクロハジロ 10. カイツブリ 11. キジバト 12. カワウ 13. アオサギ 14. ダイサギ 15. コサギ 16. オオバン 17. イソシギ 18. ユリカモメ 19. オオセグロカモメ 20. トビ 21. ハイタカ 22. チョウゲンボウ 23. タカサゴモズ 24. ハシブトガラス 25. シジュウカラ 26. ヒヨドリ 27. ウグイス 28. メジロ 29. シロハラ 30. ツグミ 31. スズメ 32. ハクセキレイ 33. アオジ

tag : キンクロハジロ タカサゴモズ カワウ アオサギ オオセグロカモメ カイツブリ メジロ

10月7日 前編

ん…。こんばんは。ヤタベです。
とりあえず,個人のことは置いておいて会の事を…。
本日の深夜のテンションは中ですね。

先日の鳥屋の行動を見直し,我々は夜明け直前に陣取りを開始した。


少々反省…


5:49頃から 断続的な雨

伊良湖岬は我が鳥類班を裏切るというのか?

しかし,晴れ男のヤタベがいる。



…晴れ間が見えてきたああああああああIMG_0071_convert_20121124000049.jpg

サナギから羽化をするかの如く,むくっと立ち上がった。

6:32
サシバButastur indicusの大群が押し寄せてきたが,体下面からは同定が難しい。遠い。
オオタカAccipiter gentilis fujiyamaeは見慣れているので雰囲気で分かったつもりでいたが
不安が多い。

7:36
IMG_0074_convert_20121124000142.jpg




ヤタベのパワーで晴れにしました。本日もエイリアンのようなオオグンカンドリFregata minor minor
も現れました。意外と雨が明けた直後でも出るんですな。



本日は山の鳥を見に行きたかったので,9:37にはこちらを出発。

前編は以上です。

おやすみなさい。



プロフィール

鳥類班

Author:鳥類班
大学周辺だけでなく様々な場所で鳥を見たり記録したりしています。ほんわかした雰囲気で活動しています。時には真剣になったり、調査データと睨めっこして考察したりします。
フィールドは日本全国!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
アクセス