FC2ブログ

伊豆沼遠征2018

こんにちは。
58期鳥類班班長となりました、オパールです。
今回は毎年恒例の伊豆沼遠征について書きたいと思います。

今年の伊豆沼遠征参加者は鳥類班1年のグッタタとEmaya、鳥類班2年のオパール、爬虫両棲類班2年のK、鳥類班3年のチカディー先輩、虫斑3年のK先輩、鳥類班4年のスピリタス先輩、そして卒業生のS先輩、Y先輩、M先輩です。M先輩はお仕事の関係で途中からのご参加でした。
場所は、宮城県の伊豆沼周辺と化女沼、蕪栗沼、奥松島、蒲生干潟などに行きました。

2018年12月28日

7時35分、レンタカーとY先輩の車をお借りして、湘南台を出発。伊豆沼近くのサンクチュアリーセンター鳥類館へと向かいました。
途中休憩をとりながら16時30分頃に無事全員がサンクチュアリーセンター鳥類館に到着しました。そこでサンクチュアリーセンター鳥類館を見学しながら、伊豆沼やマガンたちのねぐら入りを観察しました。


IMG_3642_convert_20190201020012.jpg
ねぐら入り観察INサンクチュアリーセンター鳥類館 (撮影:オパール)


ねぐら入りが終わった後は、コンビニへ行き明日の食料を購入して夕食をとるために毎年お世話になっている本吉屋旅館さんのところへ向かいました。
その夕食はとても豪華で美味しいかったです!是非またいただきたいと思いました。
また、この時卒業生のT先輩が来てくださいました!そしてカイロやチョコレートの差し入れをしてくださいました。ありがたく使わせていただきました。
その後M先輩とも合流し、その日は宿に泊まるグループと車中泊をするグループに分かれて就寝となりました。私はKと共に車中泊だったのですが...寒すぎて夜中に起きては寝てを2、3回繰り返していました。
ドライバーの皆様、本日は長時間の運転本当にありがとうございました。

28日の成果:9種9亜種
1.マガン 2.オオハクチョウ 3.マガモ 4.オナガガモ 5.ミコアイサ 6.トビ 7.チュウヒ 8.ヒヨドリ 9.スズメ


2018年12月29日

朝、凍死することなく無事に目覚め、宿の方々と合流し、いざ雁行へ!
サンクチュアリーセンター鳥類館付近から観察しました。
マガンの群れがたくさんおり、ところどころにオオハクチョウの群れがいました。一斉に飛び立つ姿はやはり壮大で、感動しました。
群れがある程度飛び立った後は、周囲を散策。ミコアイサやアオゲラ、エナガなどたくさんの鳥を観察できました!

しばらく散策した後、車で蕪栗沼へ向かいました。
その途中......


IMG_4022_convert_20190201021648 (1)
ミヤマガラス (撮影者:Y先輩)


畑で群れているハシブトガラスに混ざっているミヤマガラスを発見しました!カラスの群れもよく見てみるものですね...。

さて、蕪栗沼に着いて散策を始めてからは、名前の通り、宙を飛び回るチュウヒやトモエガモを見ることができました。しかしたくさん雪が降ってきたため散策は中断、丁度お昼時だったのでお昼ご飯を食べに向かいます。


IMG_3657_convert_20190201021950 (1)
雪の中での調査 (撮影者:オパール)


お昼を食べてひと段落した後は、少しだけ蕪栗沼の西側へ向かい散策しました。ベニマシコの声が聞けました。

次にガンたちのねぐら入りを見るために日が落ちる前に化女沼に向かいます。沼にはすでにマガンがおり、中にシジュウカラガンの群れも混ざっていました!沼の鳥を観察しながら待っていると、空に黒い塊がわらわらと、マガンの群れがやってきました。化女沼の上を通過していく群れもいました。観察中、また雪がひどく降ってきたため、少し早く切り上げて宿へ向かいました。


IMG_3666_convert_20190201022112 (1)
ねぐら入り (撮影者:オパール)


ふたたび本吉屋旅館さんのところへ行き、就寝。みなさま本日は雪の中お疲れ様でした。

29日の成果:39種39亜種
1.ヒシクイ 2.マガン 3.シジュウカラガン 4.オオハクチョウ 5.マガモ 6.オナガガモ 7.トモエガモ 8.コガモ 9.ホシハジロ 10.ミコアイサ 11.カワアイサ 12.カイツブリ 13.ミミカイツブリ 14.キジバト 15.カワウ 16.アオサギ 17.ダイサギ 18.コサギ 19.ヘラサギ 20.トビ 21.チュウヒ 22.ノスリ 23.アオゲラ 24.モズ 25.ミヤマガラス 26.ハシボソガラス 27.ハシブトガラス 28.ヤマガラ 29.シジュウカラ 30.ヒヨドリ 31.エナガ 32.ツグミ 33.スズメ 34.ハクセキレイ 35.セグロセキレイ 36.カワラヒワ 37.ベニマシコ(声のみ) 38.ホオジロ 39.カシラダカ 


2018年12月30日

早朝に宿を出発して、今日も雁行を観察します。


IMG_3687_convert_20190201022205 (1)
雁行 (撮影者:オパール)


たくさんいたマガンの群れが飛び立っていきます。何度みても感動です。雁行を見ながら周辺を観察しました。カワアイサやハクガンなどのカモ類やジョウビタキやホオジロなどの小鳥が見られた中、イタチらしき生き物が歩く姿も見られました。

しばらく観察してから、奥松島の野蒜築港にて鳥の観察。セグロカモメやヒドリガモが見られました。ここで私の大好きなキジが見られたようなのですが、私は見られませんでした...残念です。しかし、チュウヒが近くで観察できたのでよかったです。

次に松島公園第五駐車場から雄島へ向かい、散策しました。綺麗な景色がみられ、さらにルリビタキやジョウビタキも見られました!

そこから移動し、蒲生干潟へ向かいます。なにやら工事中でしたが、細い道を通り干潟の方へ。干潟では3〜4種のシギチが見られました。ミサゴの狩りの瞬間も見られました!


IMG_3691_convert_20190201022252 (1)
蒲生干潟 (撮影者:オパール) 


しばらく散策した後、少し観光、仙台駅へ!
ずんだスイーツと牛タンを食べました。私はずんだシェイクを食べました。冷たかったですが、とても美味しかったです。

そして帰路へ着きました。

30日の成果:47種47亜種+1種1亜種
1.キジ 2.オオヒシクイ 3.ヒシクイ 4.マガン 5.ハクガン 6.オオハクチョウ 7.ヒドリガモ 8.マガモ 9.カルガモ 10.オナガガモ 11.コガモ 12.キンクロハジロ 13.スズガモ 14.ホオジロガモ 15.ミコアイサ 16.カワアイサ 17.カンムリカイツブリ 18.ミミカイツブリ 19.ウミウ 20.アオサギ 21.ダイサギ 22.コサギ 23.クイナ 24.オオバン 25.シロチドリ 26.メダイチドリ 27.イソシギ 28.ミユビシギ 29.セグロカモメ 30.ミサゴ 31.トビ 32.チュウヒ 33.コゲラ 34.ハシボソガラス 35.ハシブトガラス 36.ヤマガラ 37.シジュウカラ 38.ヒヨドリ 39.ツグミ 40.ルリビタキ 41.ジョウビタキ 42.スズメ 43.ハクセキレイ 44.セグロセキレイ 45.カワラヒワ 46.ホオジロ 47.アオジ
その他:1.ドバト


2018年12月31日

朝、レンタカーを返すためにガソリンを入れてレンタカー屋へと向かいます。車の外に出た時、伊豆沼と比べるとやさしい寒さにホッとしました。
ドライバーの皆様、ふたたび長い運転ありがとうございました。

最後に、伊豆沼遠征全体の成果です!
61種61亜種+1種1亜種
1.キジ 2.オオヒシクイ 3.ヒシクイ 4.マガン 5.ハクガン 6.シジュウカラガン 7.オオハクチョウ 8.ヒドリガモ 9.マガモ 10.カルガモ 11.オナガガモ 12.トモエガモ 13.コガモ 14.ホシハジロ 15.キンクロハジロ 16.スズガモ 17.ホオジロガモ 18.ミコアイサ 19.カワアイサ 20.カイツブリ 21.カンムリカイツブリ 22.ミミカイツブリ 23.キジバト 24.カワウ 25.ウミウ 26.アオサギ 27.ダイサギ 28.コサギ 29.ヘラサギ 30.クイナ 31.オオバン 32.シロチドリ 33.メダイチドリ 34.イソシギ 35.ミユビシギ 36.セグロカモメ 37.ミサゴ 38.トビ 39.チュウヒ 40.ノスリ 41.コゲラ 42.アオゲラ 43.モズ 44.ミヤマガラス 45.ハシボソガラス 46.ハシブトガラス 47.ヤマガラ 48.シジュウカラ 49.ヒヨドリ 50.エナガ 51.ツグミ 52.ルリビタキ 53.ジョウビタキ 54.スズメ 55.ハクセキレイ 56.セグロセキレイ 57.カワラヒワ 58.ベニマシコ(声のみ) 59.ホオジロ 60.カシラダカ 61.アオジ 
その他:1.ドバト


今回、初めて遠征を私が企画しました。反省点はたくさんありますが、先輩方や後輩たち、参加してくださった皆さまのご協力のおかげで無事に遠征を終えることができました。皆さま本当にありがとうございました!
これからも頑張って様々な企画を考えていきたいと思います。

最後まで記事を読んでくださった方、ありがとうございました。
スポンサーサイト



プロフィール

鳥類班

Author:鳥類班
大学周辺だけでなく様々な場所で鳥を見たり記録したりしています。ほんわかした雰囲気で活動しています。時には真剣になったり、調査データと睨めっこして考察したりします。
フィールドは日本全国!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
アクセス